■動物医療における専門病院の役割

人の医療ではホームドクターと高度医療病院あるいは専門病院に分かれています。動物の医療においても欧米では獣医の専門医制度が確立され、ホームドクターと専門病院との役割分担が進んでおります。

言葉を話せない動物にとってホームドクターが個々の動物の性格や変化を詳細に把握することが非常に重要です。しかしながら、1人の獣医師では全ての病気を把握することや特殊な病気や高度な専門知識を必要とする手術などに対応することは不可能です。そのために、動物医療の役割分担が必要なのです。

動物医療での役割分担とは、通常の病気の予防や軽い病気の場合にはホームドクターに診ていただき、特殊な手術や設備が必要と考えられる病気の場合には、専門的なスタッフや設備と機能を備えた専門病院と連携して治療を行います。つまり、専門病院では高度医療や急性期治療を中心に行い、状態が落ち着けばホームドクターによって治療を継続していただくというものです。といっても決して当院との関係が切れるわけではありません。定期的な専門検査等は当院で行い、その結果をホームドクターにもお知らせしながら共同で治療していきます。つまりあなたの動物には2人の主治医がつくこととなり、複数の目でより細かい診療を継続して受けることができるのです。

結果として、「飼い主様」と「ホームドクター」と「名古屋動物医療センター ®」の3者がチームを組んで動物の病気を防ぎ、病気と闘うことで最善の動物医療を円滑に行うことが出来るのです。

ホームドクターからの紹介等については、お気軽にご相談下さい。